free web hit counter
  1. TOP
  2. 2.引越し 費用
  3. 引越し費用がない!料金を安く抑える5つのポイントとは?

引越し費用がない!料金を安く抑える5つのポイントとは?

 2016/11/19 2.引越し 費用
  931 Views

引越しってとにかくお金がかかる!

引越しの時、特にお金をかけたいのは、
新居の購入や賃貸の借り換え、
家具家電の購入など
これからの生活に関わる部分ですよね。

そこにこだわればこだわるほど
お金に羽が生えたように飛んで行ってしまいます。

そして気付けば引越し業者に支払える費用がない
ということも…。

正直、引越し作業というのは
無事荷物を運んでもらえればこれからの
生活にはあまり関係がないところなので、
料金を出来るだけ安く抑えたいものです。

というわけで今回は、
引越し料金をできるだけ安く抑える方法
ご紹介します。


引越し費用をとにかく安く抑える5つのポイント

a0002_011275

この章では、
引越し費用を少しでも安く抑えるポイント
ご紹介します。

引越し業者の料金は時期日時によって
変動します。

また、出来るところは自分でするのも
費用を抑える大きなポイントのひとつ。

そんなちょっとしたポイントに着目するだけで
引越し費用をグッと抑えることができるので
是非、ご参考になさってください^^

1.繁忙期を避ける

引越し業者は時期によって料金が変動します。
一般的に、繁忙期は高くなるのが特徴です。

というわけで繁忙期を避けることで
引越し業者に支払う料金を抑えることができる!
というのが最初のポイント。

引越し業者の繁忙期
3月、4月、8月、12月。

逆に料金が安くなる閑散期は、
1月、6月、11月

繁忙期と閑散期では料金が倍近く変わる
こともあります。

引越しの予定を自由に立てられる場合は、
繁忙期は避けて閑散期の引越し
検討すると良さそうですね。

2.引越し日時の指定をしない

転勤などで引越しの時期がどうしても
繁忙期になってしまう!
ということもあると思います。

また、閑散期でも費用を抑えられるなら
できるだけ安く済ませたいですよね。

その場合は、
引越し業者に日時指定をしないという方法が
あります。

日時指定なしの引越しプランは、
フリー便などと呼ばれています。

フリー便は、引越し日を業者が指定し
引越し開始の時刻も前日に連絡がきて
初めて分かるというアバウトなプラン。

引越し業者の空き時間に滑り込ませて
もらえる感じですね。

ただ、フリー便の場合は時間通りに作業が
進まないことが多く、夕方からの作業になることも。

私はフリー便は使った事がないのですが、
以前午後便で引越しを頼み、
13時の約束が、搬出作業に来たのが18時。
搬入終了が午前1時…!という
とんでもない目に遭いました。

別の引越しでは、
2日に分けてもいいならもうちょっと安くできます」
という提案に私の父親が乗った上、
2日目は両親不在で学生の私が
引越しを仕切る羽目になったという経験も…。

余程日程に余裕がない限り、午後便どころか
日時指定なし(フリー便)は正直なところ
おすすめしません!

3.もらえる粗品・ダンボールはもらっておく

業者によっては引越しの荷造りに便利な粗品や
ダンボールを無料でサービスしてくれる
ことがあります。

サービスの量は業者ごとに決まってはいますが
複数の業者から見積もりをとると、
「ダンボールをもっとサービスしますよ~!」
なんてことも。

ガムテープなどの梱包資材は意外と高く、
ダンボールをお店にもらいに行くのも大変なので、
もらえるものはもらってお得に引越しましょう!

4.荷造り・不用品の処分・運べる荷物の運搬は自分でする

引越し業者によっては、
荷造りや不用品の処分をオプションで
依頼できることがあります。

しかしこれは別料金

不燃ごみや粗大ごみは自治体
回収を依頼したり、自分で持ち込めば
安価で処分できますし、
リサイクルショップに売れば臨時収入が
あるかもしれません。
荷造りも時間と体さえある程度自由になれば
自力でできるので、ここはちょっと頑張りどころ。

近距離の引越しの場合は
運べる荷物は自分で運搬し、
大型家具や家電など、
どうしても自分では無理なものだけを
小型のトラックで業者に運んでもらうという
手もあります。

また車の売却も大きな収入源になりえます。

首都圏への引越しであれば、
維持費(特に駐車場代)が大幅にUPしますし、
電車移動も多くなるので、車の使用頻度がおおきく下がるケースが多いようです。

あらかじめ引越し前に売却してしまうのも、
収入を得る手段の一つになります。

高額査定のコツは、
業者間の比較が最も効果的ですが、
引越し時は何かと忙しいと思います。

いまはネットで査定もできるので、
あらかじめ相場を調べて検討するといいでしょう。

>>かんたん車査定ガイドで相場を確認する

必要事項を入力すれば、
相場がすぐにわかりますし、
買取業者に直接査定を依頼すれば、
自宅まで査定に来てくれます。

ここで売却が成立すれば、
引越しにかける費用にかなり余裕ができますね。

5.複数の引越し業者から見積もりをとって交渉する

引越し業者に支払う料金を安く抑えるために
何よりも重要なのは、
複数引越し業者から見積もりとり、交渉すること!

ひとつの業者で即決した時と、
複数の業者から見積もりをとり、
その旨を伝えて交渉をした時では、
料金に数万円の差が出ることがあります。

繁忙期で料金の値引きが出来なかったとしても
無料でもらえるダンボールや資材の数、
日時の調整などのサービス面で優遇してもらえます。

引越し料金を抑えたい時は、
必ず複数の業者から見積もりをとりましょう!

見積もりがまだの方は、
業者ごとのサービスを確認した上で
一括で見積もりを依頼できる
引越し価格ガイドがおすすめです。

>>引越し価格ガイドで費用を節約する

Sponsored Links

賃貸の場合は原状回復も全力で!

vacuum-cleaner-1605068_640

今まで住んでいた家が賃貸の場合は、
原状回復に力を注ぐことで
返還される敷金が増えたり、
修繕費として別途請求された!という
悲しい事態を回避することができるかもしれません。

また、本来ならば請求されないはずの
経年劣化の範囲まで請求されてしまい
をすることのないよう、
事前に物件の賃貸借契約書
原状回復に関するガイドラインに目を通して
おくことをおすすめします。
国土交通省「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」

まとめ

coins-948603_640

今回は、
引越し料金をできるだけ安く抑える方法
ご紹介しました。

引越し料金はホントに安ければ安いほど
ありがたい!

しかし、引越し業者選びに関しては、
とにかく安く!ということにこだわりすぎて
安物買いの銭失いにならないよう、
複数見積もりをとり、慎重に見極めるのが
安く賢い引越しのポイントです^^
引越し価格ガイド

Sponsored Links



引越しを安く済ませたい人は必見!

引っ越しの料金ってピンキリで
見積額が高いのか安いのかわからなくないですか?

できるだけ安く抑えたいけど、

・値引き交渉する勇気がない
・営業マンが強引で断わり辛い
・けど見積もりは安く取りたい

などの悩みはありませんか?

そんなあなたには
ネット見積もりの引っ越し侍がオススメです。

なぜ引っ越し侍をオススメするかと言うと、
一括で比較見積もりを取るので、
実際に約50%以上値段の差が出た
という事例があります。

つまり、
比較見積もりさせることで、
大幅な値引きが期待できるから人気なんですね。

他にも人気の理由は、

・かんたん3STEPで1分で料金相場がわかる
・優良な業者のみに見積もりがとれる
・最大10万円キャッシュバック

など利用者に嬉しい特典もあります。

引越しの料金が安くなれば、
友人に無理に手伝ってもらう必要もないですし、
浮いたお金を引越し後の生活用品に当てる事が
できます。

しかも引越し料金の相場を知っておく事で、
ぼったくられる心配がありません。
※もちろん交渉にも使えますね。

⇒引越し侍で料金相場を確認する♪


\ SNSでシェアしよう! /

引越しキュレーションサイト『M.O.V.E』の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

引越しキュレーションサイト『M.O.V.E』の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

動物の母

動物の母

まずは私の引越し人生を一覧にしたのでご覧ください。

(スタート)0歳:新築分譲マンションで生まれる

(1)3歳:マンションを売却・賃貸の戸建へ

(2)5歳:新築分譲テラスハウスを購入・入居

(3)15歳:(2)を売却、公団の賃貸マンションへ転居

(4)18歳:両親の別居により親戚の家に身を寄せる

(5)18歳:両親の復縁により(3)に戻る

(6)19歳:新築分譲高層マンションの最上階を購入・入居
(※ここまでが実家の引越し)

(7)20歳:独立し、築23年の賃貸マンションで同棲・そのまま結婚

※21歳:住んでいた賃貸マンションが突然の取壊し&立ち退き

(8)21歳:(6)の一室(6畳)を間借り

(9)22歳:ペット飼育者専用新築賃貸アパートへ転居

(10)25歳:長女誕生を機に中古一戸建て購入・入居

(11)26歳:突如不運が続き「家相が悪い!」と家のせいにした夫により(10)を売却・中古マンションを購入

(12)28歳:次女誕生。手狭になったのと長女の幼稚園入園前に(11)を売却・中古一戸建てを購入
⇒(ゴール)現在の住まい

この様に3歳~20代後半まで様々な引越しを経験しました。
引越しに関する無駄な知識がやけに豊富な私が、
これから引越しを控えた方のちょっとした疑問や
不安解消のお役に立てたらいいなと思っています。

関連記事

  • 引越しの掃除はどこまですればいい?敷金返還のコツを紹介

  • 引越しのエアコン工事で追加料金?ぼったくりを阻止する方法

  • 引越しの時期に最適なのは?一番安くスムーズに引越すタイミング

  • 引越しの吉日の決め方!仏滅だと料金が安いって本当なの?

  • 引越しの初期費用が払えない!分割にすることは出来るの?

  • 引越しの相場(2人暮らし編)2ヶ所から搬入する料金はいくら?